「スポーツ(運動)と脳科学」第41回ー余白思考という新しい概念一

「余白思考」という新しい概念の提案かも知れない。「論理的思考・データ分析だけでは戦えない時代の直感と感性の鍛え方」という帯の表現に惹かれ新刊書を読んでみた。

山崎晴太郎著「余白思考」(2024/1/9、日経BP)、頁数:272頁、価格:1,600円(税別)、2~3時間で読め、結構、気付きが得られた。

著者はアートディレクター・グラッフィクデザイナー・3社の経営者・タレント(1982年生まれ、京都芸大修士)とマルチに活躍。YouTube対談動画もあり、「社会の右脳を刺激する」、と手指・腕を常に動かしながら表情豊かにインタビューに応じる。身体感覚をロジックに人間を知る、という姿勢。表情や言葉からセンスを感じる。

 

著書に拠れば、『論理を積み重ねれば、確かに「正しい答え」にたどり着く。でも、「心を動かす答え」には届かない。「デザイン思考」は「人間中心思考」とも呼ばれ、商品やサービスを使うユーザー視点から考える手法』、との主張。

この本は、人間の感性右脳思考を大事にする。

 

個人的には、真っ白い1枚の紙に、自分の思う・考える・感じたことを、文字や絵で表現する際に、紙面全体をビッシリ埋めるのではなく、適度の余白を持って自己表現すべきなんだろうと思う。が、本能的に余白を埋めたくなり、実際に埋めてしまうのが常だ。

ブログ記事もそうだが、を多くするのではなく、を高め、新しい視点を加える中で、「余白」(余裕スペース)を十分に取り、自分自身と読者の想像力や創造力を高めることに余白の意味があるのかも知れない。そう考えると、確かに余白の意味は大きい。

また余白は、自由な発想や発想の転換を促したり、無限の可能性を引き出してくれるのかも知れない。

 

「余白」は、余裕・余暇・余韻などの言葉と同じく、ゆっくり・ゆったり・のんびり、というイメージがある。また「美意識」を刺激し、「自然観」を呼び起こす。我々の創作品も自然環境と同じ程度の余白バランス(余裕空間)が心の安寧をもたらす。

人間が人工の都市空間に住むことが多い分、心のどこかで「自然」を欲し、自然のスタイル・リズム・バランスを無意識に希求しているのかも知れない。


また著者は、自分軸としての「絶対軸」を大事にして、外部依存の「相対軸」=他人軸ではなく、頂点の「夢」=人生の中で大切にしているもの、を問うている。この部分は、コヴィー著「7つの習慣」のインサイドアウトと同じ価値観ではと思う。


本書の中で、「デザイン経営」についても触れている。アップル・ダイソン・テスラなど海外企業は経営戦略にデザイン戦略を並走させている。文字や文章に頼らずに、「気配を情緒価値として伝える」ための戦略、デザインへの取り組みだ。個人的には、日本国内でも無印良品などの店舗や商品にはデザイン的なセンスを感じる。

 

自分の生活習慣の中での「余白」について考えてみた。

1.ブログ記事について
創造的アウトプット作品として、量(文字数)・質(テーマ・問題意識・起承転結)、更には新しい視点の提案を盛り込めているか、そして「余白」割合は適正か?という観点も加えたい。

2.毎日1万歩の有酸素運動
日常の多忙な仕事・趣味(デスクワーク)の中で「動くこと」プラス「余白」としての意味があるのではないか。「自然との対話」と「創造性開発=アイデア発想の出発点」として位置付けたい。

そんな身近なところから「余白」の意味を考え、自分の感性や右脳思考を育てていきたい。

3.本書を読んで、「余白思考」というのは、ある意味、人は心の内面で、自然空間と同じレベルの余白を求めているのではないだろうかと考えた。そうだ、「自然」志向だ、「自然」回帰だ!

「スポーツ(運動)と脳科学」第40回-登山家・今井通子さんの「私の履歴書」-

今月は、毎日早起きするのが楽しみだ。持株の株価が好転しているのと、もう一つは日本経済新聞の女性登山家・今井通子医師の「私の履歴書」を読めるからだ。このブログを開設する前に、自分もいつか「私の履歴書」を書いてみたいと思っていた。原稿の文字数を数えたら1,400字/回程度*30日=月にして4万字強の作品だ。この連載は筆者の人間力そのものが曝け出される。本音も記されているので面白い。

 

今井通子さんは、1942年生まれ、御年81歳か。医師として働く傍ら、女性として世界で初めて欧州アルプスの3大北壁(マッターホルン・アイガー・グランドジョジョラス)を登攀した。

 

今井通子さんの文章は歯切れが良く、リズム感があるので読みやすい。文章を見ると「短文」が多く、言い切る表現だ。清々しく潔い。結局、「今井通子」という人間の本質、器の大きさが文章に出るのだろう。「男らしさ」さえ感じる。

 

立山連峰を臨みながら、毎日1万歩の自然散策を続けている。山へも良く行った。

「文武両道」忍者を目指す小生としては、世界レベルの「文武両道」登山家の記事を読めるのは幸せなことだ。「知性・感性・野生」、「心技体」、「知情意」のバランスと総合力、これ以上の手本はない。あと10日間、「今井通子」物語と人間力を堪能しよう。

「スポーツ(運動)と脳科学」第39回ー企業経営と価値創造と株式投資2ー

前回ブログの続編です。企業経営の究極の目的を「長期利益」の最大化と考えた場合でも、それは企業+社会全体の「価値創造」を長期的に継続することになるので、長期利益と価値創造と社会貢献は一体かも知れないですね。

 

企業経営の「価値創造民主化」という長期展望(理念)は、それが現実に具体化していく過程で、業容・業績拡大→価値増加→社会貢献→業容・業績拡大→価値増加→社会貢献→・・・の好循環が成り立ちます。同時に好循環サイクルによる時価総額増大や株価上昇を伴います。

 

結果、経営主導で、従業員・株主を含むステークホルダー、ひいては社会全体が相応のメリット享受し、当該企業の経済圏が拡がっていくというシナリオが期待できそうです。

「運動(スポーツ)と脳科学」第38回ー企業経営と価値創造と株式投資ー

「投資哲学」という言葉があるとすれば、「自調自考+自責自行」がそれだ。負けている時に誰か(他人)のせいにしたくなるのは人情だけれど、「株」の世界は自分で調べ、考え、「最終的に意思決定するのは自分」だから、自己責任で決断・実行する。愚痴やボヤキは禁物だ。

逆に今のような株高の状況で含み益が増えた時に、決して舞い上がってはいけない。

企業経営従業員が頑張って、社会(顧客・取引先他)が相応の評価をしてくれた結果、売上や利益が伸びているお陰だから、株主としては相応のメリットを享受でき感謝しかない。

個別企業の経営陣と従業員が、(潤沢な)資金を循環させて社会貢献すると、その価値創造の大きさに対応して株高になり、株主も投資額に見合った恩恵を受ける。資本主義制度の良い面だ。

企業経営の金儲けは中間的「手段」であって、「究極の目的」ではない。得られた資金の好循環が社会全体の価値創造につながる。「価値創造」が究極の目的だと言う、新進気鋭の経営学者・岩尾俊兵・慶大准教授(の本)が今、人気のようだ。

「近代日本資本主義の父」渋沢栄一にも感謝したい。7月3日「新1万円札」発行の日の、日本企業の業績と株価推移が楽しみだ!

 

「スポーツ(運動)と脳科学」第37回-行動哲学についてー

学問として「哲学」を正規に学んだことはないのですが、哲学っぽい本を読んだり、哲学的考え方をするのは割と好きです。また頭で考えていることを言語化したり「文章化」したりすることは習慣にもなっています。

正式に「哲学」を学んでいないので、仕事や勉強など日常の生活習慣の中で哲学的な考え方を体得してきたのかも知れないですし、特に競技スポーツの中で、頭でなく体で(、身体を動かしながら)多くの「行動哲学」を学んできたような気もします。

 

自分の「行動哲学」について考えてみます。先ず、元々は

自然体/平常心+心・技・体+知性/哲学→自己表現→自己実現→自己超越(社会貢献)、

という基本フローだったのですが、先日(2024/2/15、本ブログ第36回の中で)少し補強して、基本フローを次の表現にしました。

1.自然体/平常心+2.興味・関心・好奇心+3.状況判断/思考(直観/熟考)/意思決定+4.「心・技・体」+5.知性/哲学自己表現自己実現自己超越(社会貢献)

行動面での「心・技・体」の前に、「頭の中の思考」の説明を追加し、少し複雑になったので「番号付け」をしました。自分で興味・関心・好奇心のある(内発的動機からの)テーマについて、良く状況を踏まえ・思考し・意思決定していく、「内面」重視の路線です。コヴィー著「7つの習慣」の基本概念として知られているインサイドアウトという考え方を参考にしています。

また自分の「内面」から行動に繋げていく時の行動指針として

「自調・自考」+「自責・自行」、を旨としています。
    

最後に、もう一つの大事な、日常生活の中での行動について良好な結果を得るために、基本方針(・哲学・理念)を出発点にPDCAサイクルを回して成長スパイラルを上昇軌道に乗せるというPDCA自己管理手法を採用しています。

Policy/Philosophy/Vision + P・D・C・A → Performance向上

 

以上、幾つかの個人的な行動哲学の「型」を説明させていただきました。

「基本フロー」「行動指針」「自己管理手法」、の3つになります。

長い年数をかけて体験・体感・体得してきましたから、「頭」と「体(身体)」が馴染んだ内容です。自然体と平常心で、様々なテーマに挑戦し、行動の幅を広げていきたいと思っています。    


    

 

     

「スポーツ(運動)と脳科学」第36回ー落合博満の勝負師としての人間力-

ブロブ第31回「落合博満は凄い人間らしい」に続く「落合博満」論です。第27回「文武両道 世界レベルの日本人アスリートの人間力」の続編でもあります。

落合博満氏の話題を取り上げるのは、楠木建著「経営読書日記」の「表」編と「裏」編で、楠木氏が落合博満氏(以下、敬称を略します。)の著書4冊を絶賛していたことがきっかけです。その内容の一部を引用します。
・・・・・・・・・・・・・・・
「勝負の方程式」現代日本最高のリーダーの一人。勝利の方程式などというものはない。再現可能な法則はなくても勝つ可能性を高める論理はある。即ち「勝負」の方程式だ。
コーチング 言葉と信念の魔術」深い人間洞察に基づいた仕事論に感銘。自分で考え、経験の中で磨き上げていくことは野球やスポーツに限らない普遍的な仕事論。
「野球人」現代日本最高のプロフェッショナルリズムとリーダーシップの持ち主でその知性と見識を深く尊敬。余計なことは考えないから考えが深い
「決断=実行」:頑健な論理と深い教養に裏打ちされた一級の仕事論。経営者から新入社員まで読む価値がある骨太の書だ。
・・・・・・・・・・・・・・・

今回は落合博満著「決断=実行」を読んでの重要ポイントと個人的考察を述べます。読み応え充分の本ですが、読者の行動に繋がることがその人にとっての良書ということで、先ず私自身の行動哲学や指針に与えた主要項目について記します。

[1]野球もゴルフも人生も、「インサイドアウト」が成功法則
 落合博満の打撃の構え・スィングと本書の内容からの個人的考察です。自分で好奇心や関心のある(内発的動機からの)テーマについて、考え、考えて、考え抜いて、真摯に取り組んで、という「内面」重視の路線です。落合博満は「仕事に取り憑かれろ!」と表現しています。

但し、あくまで自然体、平常心で「力まないこと」の重要性は落合選手の打撃フォームからも容易に推察されます。インサイドアウトという考え方はコヴィー著「7つの習慣」の基本概念として知られています。

個人的には、良好な成果を得るためには、基本方針(・哲学・理念)を出発点にPDCAサイクルを回して成長スパイラルを上昇軌道に乗せるというPDCA管理手法を採用しています。

Policy/Philosophy/Vision + P・D・C・A → Performance向上

[2]自ら「「決断=実行」した上での失敗は反省や教訓として次につながる
私自身は「自調・自考+自責・自行」を「行動指針」としていますが、落合博満は、よりシンプルに「決断=実行」と表現しています。論拠は、「決断し実行した上での失敗は反省や教訓として次につながる。周囲の人の知恵を借りながら、しかしどんな結果になっても責任は自分にあるという覚悟で決済し、実行する。」、ここに「仕事の醍醐味がある」、ということの様です。
落合博満はどんな状況でも、絶対に「ブレ」ませんね。

更に自分の「行動基本フロー」下線部(項目2と3)を追加しました。
1.自然体/平常心+2.興味・関心・好奇心+3.状況判断/思考(直観/熟考)/意思決定(決断)+4.心・技・体「行動」+5.知性/哲学→自己表現→自己実現→自己超越(社会貢献)


[3]一番大切なことは「自分の人生をいかに自分が思うがままに生きていくか」
これは前回ブログの岩尾俊兵准教授の「個人は皆、自分の人生の経営者だ!」という言葉と全く同じ価値観ですね。前回ブログ第35回をご参照ください。

 

最後に、落合博満著「決断=実行」の本から、印象深い記述を引用します。

監督への就任要請を受け
私自身は、監督になるとは夢にも思っていなかった。12球団のオーナーの中に、現役時代に「オレ流」や「個人主義」だと言われてきた私に、大切なチームを預けようとする人などいるわけがないと考えていたからだ。

監督として私が胆に銘じたこと
指導者にとって一番怖いのは、教える立場になったからといって、自分が何でも知っているとと勘違いしてしまうことだ。

自分で壁を乗り越えるために
何より常勝チームを作るには、選手が自分の考えや判断で動けるようにしなければならなかった。

組織とは、小さな「ピラミッド」の集まり
監督を務めていた時、私は「勝てば選手のおかげ。負ければ監督の責任」とメディアに発言していた。それはチームを預かる者としての偽らざる本音だ。無意識だったとしても責任転嫁してしまう人には、組織のトップは務まらない。

好奇心は自分を成長させ、感性を豊かにする
芸術でもスポーツでも、自分を成長させ、感性を豊かにしてくれるのは好奇心だと思う。好奇心を抱き、知りたいと思う対象は人それぞれなのだろうが、勝負の世界にいる以上、自分の仕事に役立つ物事については関心を持ちたい。

 

道を極めた(究めた)一流選手には共通点があります。凛々しさと同時に、本質を突き考え抜いたアスリートの言葉、その言葉の選び方や表現力は哲学心さえ感じます。「勝負師」として「男の世界」に生き続けている落合博満から多くのことを学んだ気がします。                                  

「スポーツ(運動)と脳科学」第35回-個人は皆、自分の人生の経営者だ!ー

前回のブログで、『「株」投資家を含め、個人は皆、自分の人生の経営者だ。』と書きました、その続きを書いてみたいと思います。「個人は皆、自分の人生の経営者だ。」という趣旨の発言は、幾つかの場面で見聞きしたことがあります。私自身も趣味の掲示板などで使ってきました。 でも新進気鋭の経営学者・岩尾俊兵氏が放つその言葉には独特の重みと説得力がありました。 

 

岩尾俊兵・慶応義塾大学商学部准教授を知ったのは、正月明け、2024/1/10付けの日本経済新聞(「Analysis」というコーナー)です。「ヒトとカネと二元論脱却を」という2,800字の論考記事が目が留まりました。経営の目的は「ヒトの幸せ(=価値)の創造」だと断じています。何よりも文章に力があります。大学の先生の論文は机上の空論の場合もあるのですが、岩尾准教授の論考には説得力がありました。論理構成と文章力が秀逸で、全体像が容易に把握出来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・

1.有史以来の経済発展は、厳しめのマディソン統計ですら数百倍はあると評価し、人類は地球の「有限の資源」を組み替え「無限の価値」を生み出してきた。「価値創造が無限」で有り得るなら、経営者・顧客・従業員・株主・取引先・社会が有限の価値の配分を巡り争う必要もなくなる、という発想の転換ができる

2.現代の生産手段の主力は土地・機械のような有形物ではなく、「経営知識という無形物」、という発想の転換がある。無形の経営知識が主役となる経営では、経営者と従業員と株主は互いの知識を共有しながら価値創造を目指す共同体を構築できる。

この2つの発想の転換により、「ヒト(人間)」と「カネ(資金)」の二元論から脱却できるヒントが得られる。結果、「人の幸せという価値創造」が経営の究極的な目的となり、そうした究極の目的を達成し続けるために、中間目標として組織の血液としての資金の循環が必要となる、という論旨です。

・・・・・・・・・・・・・・・

普通、企業経営者や経営学者は、企業価値や長期利益の最大化が企業経営の究極の目的だと指摘しますが、岩尾准教授の論考の「人の幸せという価値創造」が経営の究極目的であって、企業利益を含む資金(の循環)はその「手段=中間目標」、という主張は稀有なことです。

 

「世のため人のため」という慣用句がよく使われますが、正論として、具体的に、且つ論理的に展開した論考は初めて目にしました。「人の幸せという価値創造」が経営の究極的な目的であって、企業利益はそのための「手段=中間目標」ということになります。長期利益(の最大化)は手段であって目的ではないとする考え方は画期的です。

筆者について色々調べました。彼は家庭の事情で中卒で自衛隊に入り、苦学して高卒認定試験を経て慶大に入った相当の苦労人です。その後、東大大学院の修士課程を経て博士号を取得した東大初の経営学博士です。 東大では文部科学省博士課程リーディングプログラム生という制度で、修士2年博士3年間の入学金・授業料免除と5年間で総額1000万円以上の生活費・研究費の支援を受けたそうです。このような日本の制度によって経営学を修め人生経営の余地が生まれたという岩尾俊平氏は、日本社会全体への恩返しをしなければと語っています。

 

著書も3冊読みました。論旨明快、切れ味鋭い論考と具体的例示が続きます。経営学者ですが、文学的センスも抜群です。

「13歳からの経営の教科書」(2022/6/29、KADOKAWA)、296頁、1,600円(税別)。

「日本企業はなぜ強みを捨てるか」(2023/10/30、光文社)、329頁、900円(税別)  

「世界は経営でできている」(2024/1/20、講談社)216頁、900円(税別)            

 

著書以外にYouTube動画でも岩尾氏の話を視聴することができます。岩尾氏は、企業経営で進むべき道を示すと同時に、経営という言葉は、我々個々人が、仕事や学業や趣味や、家庭生活においても使える概念であり、「個人は皆、自分の人生の経営者だ!」という発想の転換が重要だということを再認識させてくれました。

34歳の若手経営学者・岩尾俊兵准教授の今後益々のご活躍を期待するとともに、日本社会や日本企業が新しい価値観で方向性や手法を探りながらの成長を望みます。併せて、自らが日常生活の中での人生の経営者として、自然体/平常心で地道に一歩づつ前進していきたいと思います。